筆文字

【ひらがな】筆ペンで可愛いゆる文字の書き方教えます【見本あり】

4月 11, 2019

筆ペンで可愛いゆる文字ってどうやって書けばいいの……?まずはひらがなから筆文字に挑戦したいけど、全然参考になる記事が見つからないよ……。書き方の見本とかないのかな?ついでにゆる文字の使い道も知りたい!

 

本記事の内容

  • ひらがな50音の筆文字書き方見本
  • ゆるい筆文字の使用例
  • 今回使った筆ペンは「ぺんてる筆ペン中字」
  • ゆる文字練習におすすめの書籍5選

 

ひらがな以外の筆文字の書き方のコツが気になる人は、【誰でもできる】筆ペンの書き方のコツとは【ポイントは1つだけ】からどうぞ。

ひらがな50音の可愛い筆文字書き方見本

筆文字は書道とは違い、止めやはね、はらいを気にする必要はありません。むしろ、止めもはねも無視して書く方がゆるかわな文字を書くことができます。

今回は1例として僕が書いた筆文字を紹介します。50音全ての文字で意識したポイントを書いていきますが、ルールはないので自由に書いてみましょう!

それでは、あ行からいきますね。

あ行

あ行で意識したポイント

  • あ:2画目をあえて1番下まで突き出さず、不完全な形にして可愛さを表現
  • い:2画目を小さくすることで、子供っぽさを演出
  • う:もともと縦長の文字を横長にしてゆるめに
  • え:最後のはらいを巻いてしっぽみたいに
  • お:2画目の丸を大きくして可愛く

か行

か行で意識したポイント

  • か:点を小さく控えめに
  • き:3画目と4画目をつなげて可愛く
  • く:角度を変えてふにゃふにゃに
  • け:右側を小さくしてゆるさを表現
  • こ:上と下を離してゆる文字っぽさを出す

さ行

さ行で意識したポイント

  • さ:「き」と同じように2画目と3画目をつなげて可愛く
  • し:はらいを曲げすぎず細めてゆるく
  • す:大きくくるんと
  • せ:しゃくれ顎みたいにして可愛さを出す
  • そ:横に引き延ばして面白い形に

た行

た行で意識したポイント

  • た:横棒を長くして、子供っぽい字に
  • ち:1画目を傾けて可愛く
  • つ:カーブを早めに終えてゆるさを表現
  • て:カーブを浅くして可愛い形に
  • と:1画目と2画目のバランスを変えて頭でっかちに

な行

な行で意識したポイント

  • な:それぞれの線の大きさを変えてきつく詰まった感じに
  • に:右側をあえて下の方に配置
  • ぬ:とにかく丸く
  • ね:2画目で大きく右側に突き抜けて子供っぽい字に
  • の:頭を突き出して可愛く

は行

は行で意識したポイント

  • は:丸を大きくしてゆるかわな文字に
  • ひ:なるべくぺたんこに
  • ふ:2画目だけを大きくして不思議な字面に
  • へ:左右のバランスを反対に、あえて右を短く
  • ほ:「は」と同じようにとにかく丸を大きめに意識

ま行

ま行で意識したポイント

  • ま:横棒は上を長くして、全体的に丸い感じに
  • み:左側を大きくして子供っぽく
  • む:犬の口のようなイメージで
  • め:横長にして可愛い印象に
  • も:正円を描くようにしてゆるさを表現

や行

や行で意識したポイント

  • や:上にあまり突き出さないようにして、かっこよさを軽減
  • ゆ:1画目を∽のようにくねくねさせて、ゆる文字っぽさを
  • よ:とにかく丸を大きくして可愛く

ら行

ら行で意識したポイント

  • ら:傾けて縦長の文字を横長に
  • り:2画目を下の方から書き始めて可愛く
  • る:とんがっているところを曲げてゆるさを見せる
  • れ:「ね」と同じように、1画目を右に大きく突き出して子供っぽく
  • ろ:最後のはらいを内側にまで持ってきて、口のような感じに

わ行

わ行で意識したポイント

  • わ:「ね」や「れ」と同じように、1画目の可愛く
  • を:線を傾けたり曲げてバランスを崩してゆる文字に
  • ん:はらいを巻いて可愛さを表現

ゆる文字の使用例

ゆる文字はさまざまなシチュエーションで使えます。今回はその中でも、5つのフレーズを選んで書いてみました。

それぞれ順に見ていきましょう!

使用例1:ありがとうございます

「ありがとうございます」は手紙や、チラシなどでも使う機会が多いですよね。

今回は文字のサイズを比較的そろえて書きましたが、「す」のはらいをもっと大きくしてみたり、それぞれの[under-yellow]文字の大きさを変えてみるのも面白い[/under-yellow]ですよ。

使用例2:感謝

「感謝」も「ありがとうございます」と同じくらい使う機会があります。

友人にお礼の手紙を送るときには、堅苦しい文字よりもゆる文字で感謝を伝えた方が暖かい気持ちになりますね。

使用例3:本日のオススメ

居酒屋や飲食店のメニューにもゆる文字は使えます。例えば、鮮度のいい食材や季節のものが手に入ったときは使いやすいですね。

手書きの文字はパソコンで印刷したものよりも暖かく、メニューも美味しそうに見えるのでおすすめです!

下に線を引いたり、キラキラを付けて強調していると、人の目につきやすいですよ。

使用例4:大人気メニューだよ!!

こちらも「本日のオススメ」と同じく、居酒屋や飲食店で使いやすい使用例です。

今回は2重線の枠で囲んでみました。加えて、「大人気メニュー」だけでは寂しい気がしたので、下に小さく「だよ!!」とつけて可愛さをアピール。

単語の中でもどこかにひらがなを足すと、ゆるさがUPして印象が変わりますよ。

関連記事
筆ペンで書く!居酒屋メニュー表の見本64種類【売上UP】

続きを見る

使用例5:サイトのタイトルやロゴ

最後に、本ブログ「なんでも気になるかわたいらのお話(旧ブログ名)」を書きました。筆文字で書くとぬくもりを感じていいですよね。

ゆる文字は店名や商品名にもぴったりなので、ぜひ試してみてください!

今回使用した筆ペン

今回ひらがな50音の可愛い筆文字を書くのに使用した筆ペンは、ぺんてるの筆ペン<中字>でした。変なイラストは適当に書いたので見逃してください。

ぺんてるの筆ペンの中でも中字は初心者でも使いやすく、幅広い層に人気です。

僕も初めて使った筆ペンがぺんてるの中字でした。僕のような書道を習っていない人でも簡単に扱えてかなりおすすめです!

ただ、ハマりすぎるとインクがすぐになくなってしまうので、カートリッジの予備をいくつかストックしておくと安心ですよ。

 

ゆる文字の練習におすすめの書籍

「ひらがなだけじゃなくて、もっといろんな筆文字を練習したいな」という人おすすめの書籍があります。

書き込み式 ゆる文字練習帖:暮らしに彩りを添える筆ペン習字

書籍名 書き込み式 ゆる文字練習帖:暮らしに彩りを添える筆ペン習字
著者 宇田川 一美
こんな人におすすめ 筆ペン初心者
この本のいいところ 書き込み式なのでまだ筆ペンの使い方に慣れない人でも簡単

筆ペンで書く ゆる文字:贈り物にあいさつ状に最適な文字の形と季節の言葉

書籍名 筆ペンで書く ゆる文字:贈り物にあいさつ状に最適な文字の形と季節の言葉
著者 宇田川 一美
こんな人におすすめ 手紙やお歳暮に添えるあいさつ状でゆる文字を使いたい人
この本のいいところ あいさつ状に最適な例文がたくさん載っているので、見てすぐに真似できる

 

他にも気になるという人には、初心者にオススメな筆ペン練習帳15選【ゆる文字・美しい筆文字】で詳しく紹介していますよ。

 

本記事まとめ

  • 1画ごとの大きさを変えたり、丸い形を意識すると可愛いゆる文字を書きやすい
  • 手紙やお店のポップ、メニュー表や屋号、商品名にもピッタリ
  • 初心者から上級者まで、ぺんてるの筆ペン中字がおすすめ
  • もっと可愛い筆文字を書きたい人は書籍を買って練習しよう

 

というわけで、今回は以上となります。

筆ペンはルール無用で、それぞれの個性が生きる素敵なアイテムです。自分だけのゆる文字習得して、楽しい筆文字ライフを送りましょう!

 

人気記事
初心者にオススメな筆ペン練習帳15選【ゆる文字・美しい筆文字】

続きを見る

-筆文字

Copyright© かわたいらいふ , 2020 All Rights Reserved.