足が流れてしまう!ランニングフォームに問題あり?

4月 26, 2019

どうも、かわたいらです。

誰かに走っているところを見てもらう時、足が流れていると言われてしまう方はいませんか?

前に進むために力強く地面を蹴って、空回りしていると思います。

そんな方は、

「どうやったら地面をうまくとらえられるのだろう?」

と考えているかもしれません。

ですが、その考えがそもそも間違いだったのです。

今回はそんな足が流れてしまう走り方の関するお話。

足が流れてしまう原因は力の入れすぎに合った!?

先ほど言ったように、足が流れている人は、

「どうして力強く地面を蹴っているのに足が流れてしまうの?」

と考えていると思います。

ですから、ますます地面を蹴る力が強くなり、また足が流れてしまうのです。

これは力強さが走るために必要だという考えがあるせいです。

ランニングにおける力強さとは、力を強くくわえて走るのとは違います。

むしろ力をこめすぎてしまうとフォームのバランスが崩れ、不安定な走りになってしまいます。

ではどうすれば足が流れなくなるのでしょうか?

地面は友達です!

某サッカー漫画ではありませんが、地面は友達なのです。

強く踏みつけて前に進もうとするのはやめましょう。

まずは今までの練習で染みついた力任せの走りを捨てる必要があります!

地面には足を優しくおろすだけという意識に変えましょう。

僕も以前は力強さを勘違いして強く地面を蹴って走っていました。

しかし、力を込めれば込めるほど足が上手く回らないという悪循環。

そこで、足をただ回転させることに重きを置いたところ、スピード感がある走り方を身につけることができました。

走ることに必要なのは、力ではなくリズム感だったのです!

ぴょんぴょん野ウサギのように軽く走ると足が流れないことがわかりました。

話が長くなりましたが言いたいのは、

地面とは優しく付き合おう!

です。

足が流れない走り方の練習方法は?

用意するのは、ラダーミニハードルです。

足の回転を上げるトレーニングにはラダーやミニハードルを使ったトレーニングが最も効果的です。

ラダートレーニング

  1. ラダーを置く
  2. 1つずつ、1個飛ばし、2個飛ばしと、足の回転スピードを意識しながら走り抜ける

ミニハードルトレーニング

  1. ミニハードルを1 mおきに並べる
  2. 1つを1歩で、足の回転のスピードを意識しながら走り抜ける
  3. ミニハードルの間隔を徐々に広げて、最終的には自分のストライドと同じくらいの間隔にする

どちらの練習も徐々にストライドを大きくしていくのが大切です!

おすすめのラダー、ミニハードルは?

ラダー

一般的なラダーはこちらです。

ミニハードル

シンプルなミニハードルはこちらです。


当たってつまづいたら痛くていやだ!子供にケガさせたくないという方には、プロランナーも愛用するこちらがおすすめです。

  ラダーとミニハードルどちらがいいの?

いきなり言われても使ったことないしどっちがいいかわからん!という人のために、それぞれのメリットデメリットを上げてみました!

ラダーのメリット

  • 値段が安い
  • ミニハードルにはないトレーニングもある

ラダーのデメリット

  • 下を見て走りがちで姿勢が悪くなる
  • ひとつながりなので、一回引っかかると全部動いてしまう
  • 足に絡まって痛い

ミニハードルのメリット

  • 高さがあるので足の蹴り上げも意識しやすい
  • 前を向いて走ることができる

ミニハードルのデメリット

  • 値段が高い
  • 金属製のミニハードルは当たると痛い

高校の部活にはラダーもミニハードルもあったので両方使っていましたが、ミニハードルの方が足の流れの改善には効果的でした。

まとめ

どうでしたか?

足が流れてしまうくせを修正するのは結構時間がかかります。僕もそうでした。

無意識に地面を強く蹴ってしまいますよね……。

かっこいいフォームを得られるように、ラダーやミニハードルを使って気長に練習しましょうね!