大迫傑選手も取り入れている!フォアフット走法とは?

4月 26, 2019

どうも、かわたいらです。

突然ですが、走るのって楽しいですよね!短距離走でも、駅伝やマラソンでも見てるとわくわくします。でも見てるのと実際に自分で走るのでは、また違う楽しみがありますよね。

ところで、最近時間があるときは近くの河原をランニングしているのですが、結構ランナーの方とすれ違うことが多いんです。ですがあまり綺麗ではない、けがをしやすいフォームで走っている方が多数でした。

というのも、高校時代陸上部で部長をつとめていたのでそれなりにフォームの知識があったのです。

そこで今回は、マラソンの日本記録(2時間5分50秒)を持つ大迫傑選手や、マラソン大国といわれるケニアの選手も取り入れている、「フォアフット走法」について紹介したいと思います。

フォアフット走法とは

フォアフット走法とは、読んで字のごとく足のフォア、つまりつま先で着地する走り方のことです。つま先だけで走るわけではなくて、かかとも地面につきます。

ちなみに、短距離走ではこのフォアフット走法が普通の走り方です。ただ、100 m走ではつま先しか地面につかないで走る場合もあるので、そこがマラソンなどの長距離走との違いですね。

では、どうしてこの「フォアフット走法」を僕がおすすめしたいのかを説明していきますね。

フォアフット走法をおすすめする理由

まず、多くの日本人はかかとから着地する「ヒールフット走法」という走り方をしています。歩く時も、かかとから地面につきますよね。

実はこの走り方、着地の際にかかとでブレーキをかけていて、ひざなど脚に大きな衝撃が加わり怪我をしやすいことが分かったのです。

そこで注目を浴びだしたのがこの「フォアフット走法」なのです。メリットとデメリットを上げて、具体的に説明していきますね。

フォアフット走法のメリットデメリット

メリット

  • 怪我をしにくい
  • かかとでブレーキがかからないのでスムーズに走ることができタイムにつながる

デメリット

  • 走るうえでのデメリットはない
  • いままで慣れていないため、習得に時間がかかる

正直デメリットはありません。年齢を重ねても走りたい方、タイムを縮めたい方には身に着けるべき走り方です。

というか、ランナーであれば誰しもがこの走り方をするべきです。けがをしたら元も子もないですからね。

では続いて、練習方法を紹介していきます。

フォアフット走法の練習法は?

練習法ということですが、まずつま先から着地する感覚をつかむことが重要です。

それではみなさん、その場で上にジャンプをしてみてください。

……してみましたか?

なぜこんなことを言ったかというと、それがつま先から着地する感覚なのです。

その場で上にジャンプしてかかとから着地する人はいませんよね?いたらごめんなさい(笑)

これで、つま先着地の感覚はつかめたと思います。

最後に、フォアフット走法の際の注意点を紹介します。

フォアフット走法の注意点

一番重要なポイントとしては、体の重心の真下に着地することです。

体より足が前に出てしまうと、正しいフォアフット走法にはなっていません。

もしつま先で着地できていても、それは残念ながら「抜き足差し足忍び足」です。泥棒さんのあれです。はい。

まさにこの状態(笑)

まとめ

どうでしたか?颯爽とフォアフット走法で走る自分の姿が思い浮かんだのではないでしょうか。

ですが、フォーム改造には時間がかかるので、けがをしないように焦らずゆっくり自分のペースで続けてみてくださいね。