接地時間は気にした方がいい?マラソンのためのランニングフォームを改善しよう!

4月 26, 2019

どうも、かわたいらです。

みなさん、接地時間を意識して走ることはありますか?

プロランナーはどのランナーでも接地時間が短いと聞いて、自分も短くしようと思って走っている方も多いと思います。

今回はそんな「接地時間」について紹介していきますね。

接地時間とは?

そもそも接地時間とはなんぞや?という方のために説明したいと思います。

接地時間とは、「走るときに着地してから後ろに蹴り出し地面から離れるまでの時間」のことです。

もっと砕いていえば、どちらかの足が地面についている時間です。

ところで走っている間は大きく2つの時間に分けられます。両足が地面から離れて跳んでいる「滞空時間」と、どちらか片足が地面についている「接地時間」です。

ここで両足がついている時間はどうなの?と思って人もいるのではないでしょうか。

実は走っているときに両足が同時につく時間はありません。もしあればその時は歩いています。

大会で競歩を見ていると途中で外に出される選手がいますよね。その選手は両足が同時に地面から離れてしまう「滞空時間」が発生して失格になっているのです。

つまり競歩には「滞空時間」がないんですね~。

話が脱線したので戻しますね(笑)

プロランナーは接地時間が短い?

確かにプロのランナーは接地時間が一般の市民ランナーと比べて短くなっています。

しかしそれは、彼らの走るスピードが速いことに起因しています。

例えばの話ですが、みなさんもLSDなどのスロージョギングをするときは、接地時間が長くなると思います。

ですが、だんだんスピードをあげたトレーニングに移行していくとどうでしょう。どんなランナーでもおのずと接地時間が短くなりますよね?

もっと極端な話をすると、歩くときと100 m走をするときでは誰もが後者の方が接地時間が短くなりますよね。極端すぎますが(笑)

そんなわけで結論はこうなります。

無理に接地時間を短くする必要はない

上で言ったように、走るスピードが上がれば接地時間は意識せずとも短くなります。

そのためトレーニング中に気にする必要はありません!

むしろ接地時間を意識しすぎてぴょんぴょん跳ねるような走り方になるほうがランニングエコノミーの観点でもよくないので、気にせずいつも通り走りましょうね!

まとめ

どうでしたか?

 みなさんも接地時間は意識せず、走るスピードを上げる方向に意識を向けるのがいいですよ!

楽しく走りましょう!