診療放射線技師の就職先!民間病院と国公立大学病院の違いは?

5月 3, 2019

どうも、かわたいらです。

前回は診療放射線技師の主な就職先である、病院、クリニック(診療所)、健診センターのメリット、デメリットについて紹介しました。

ただ、病院は病院でもいろいろあるのではないかと思った方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、病院は病院でも、民間病院と、国公立の大学病院の違いを、メリット、デメリットを上げながら紹介したいと思います。

では、さっそく。

  民間病院と国公立大学病院の違いとは?

まずは民間病院から紹介していきます。

民間病院

メリット

  • 始めから正職員として採用されて働くことができる
  • 大企業の病院だと、賞与などの待遇が破格

デメリット

  • 業績により待遇が変わるかもしてない
  • 経営の悪化によりつぶれる可能性がある

民間病院は大企業がバックについているところもあり、賞与が7ヶ月を超えるような好待遇も存在しています。なんて羨ましい……。(笑)

続いて、国公立の大学病院です。

国公立大学病院

メリット

  • まずつぶれることはない
  • 公務員として働くことができるので安定している

デメリット

  • 始めは三年間の任期付き職員として採用される
  • 試験に受からないと正職員になれない
  • 研究の成果が出世にかかわることも

実は正職員になれずに他の病院に転職していく人が多いんです。

ですが、大学病院の三年任期を終えた人は即戦力として、他の病院に転職しやすいので、一度大学病院で最先端の医療を経験したいという方には向いていますね。

まとめ

どうでしたか?民間と大学、どちらの病院にもそれぞれ良い点がありましたね。

この記事があなたの就職の助けになることを願っています。