診療放射線技師かわたいらのドラマ、ラジエーションハウス【第二話】感想「検査が不十分」

5月 3, 2019

どうも、かわたいらです。

ラジエーションハウス、第二話が放送されましたね。

今回も、診療放射線技師である僕が実際の現場と比較しながら感想を書いていきたいと思います!

【第一話】の感想はこちら!

診療放射線技師かわたいらのドラマ、ラジエーションハウス【第一話】感想「脳が溶けてる!?」

では、さっそく。

ラジエーションハウス「第二話」感想

レントゲン検査だけでは不十分?

レントゲン検査で得られる画像は単純X線画像といわれるのですが、単純という名前とは裏腹にもっとも所見を得るのが難しい画像です。

もちろんCTを撮ればすべての病変が見つけられるわけではありません。ですが、複数の検査をすることで方法の手段では見えなかった病変や異常を見つけることができるかもしれません。

時間やお金はかかりますが、もしも体に異常を感じた場合は医師が提案した場合、複数の種類の検査を受けることをおすすめします。

赤いランプの部屋は?

窪田正孝さん演じる主人公の五十嵐がフィルムを現像していた赤いランプの部屋がありましたね。

普段我々が撮影する写真は、昔は「暗室」と呼ばれる光が全く入らない暗い部屋で現像をしていました。

もちろん真っ暗では作業ができないので、薄暗い赤いランプがついています。劇中にあった部屋ほど明るくはなく、目が慣れるまで15分ほどかかってしまいます。

フィルムカメラを使ったことがある人はわかるかもしれませんが、それのレントゲン版です。

T1、T2とは?

MRIには様々な種類の撮影方法があります。

その中でも一般的に撮影されるのはT1強調画像、T2強調画像という画像です。

詳しく話すと難しい話になりますが、MRIは体内に存在する水素原子核を強力な磁場によって画像化します。その際の磁場のかけ方によりT1強調画像では脂肪が白く、T2強調画像では脂肪に加えて水などの液体も白く映ります。

まとめ

今回はそこまで突っ込むところはありませんでしたね。新人の広瀬の無知は相変わらずでしたが(笑)

彼は医師免許を持っているのでいいのですが、オーダーなしで検査するのは危険すぎるのでやめましょうね(笑)

次回

次回は、女性の方は特に怖いであろう乳がんについてのお話。

超音波検査が主役となりそうです!どんなお話になるか楽しみですね。