長く走り続けたい!マラソンでランニング中にケガをしないためにするべき5つのこと

5月 3, 2019

どうも、かわたいらです。

みなさんケガしていませんか?健康のためにマラソンをしようと思った方も多いと思います。健康のためにしているのにケガをしては元も子もないですよね。

かくいう僕も現役時代は、ケガに悩まされていました。故障は一回してしまうと癖になったりといいことはありません。何より大事なのはケガをしないことです。

そのため、今回はケガをしないためにするべきことを5つ紹介したいと思います。

運動前にはこれ!動的ストレッチ

最近何かと話題の動的ストレッチ

具体的には、「縄跳びをする」、「軽くジョギングをする」など、体を温める運動のことを言います。

以前は、運動前にじっくりストレッチをして体を伸ばすことがケガの一番の予防といわれていました。しかし、今ではストレッチをするとむしろケガを誘発しやすくなります。

びっくりですよね。ストレッチをしないで運動するのは違和感があって怖いとは思いますが、運動前は体を伸ばさないようにしましょう!

では、続いて。

フォアフット走法を身につけよう

前も紹介しましたね。やはりこれは大事です。

フォアフット走法を身につけることができれば、ケガもしにくくなりタイムも縮みいいことづくしです。

ぜひ練習したいですね。

先ほど紹介した動的ストレッチの縄跳びでその感覚がつかめるので一石二鳥です。

大迫傑選手も取り入れている!フォアフット走法とは?

運動後はこれ!静的ストレッチ

ストレッチをしてはいけないと言いましたが、それは運動前のことで、やはり運動後にはストレッチが大事です。

運動後は疲れてストレッチをする気にはなりませんよね……。わかりますわかります。

ですが、ケガの予防のために静的ストレッチを行いましょうね!

この静的ストレッチで重要なことは、ゆっくり時間をかけて伸ばすことです。

具体的には一部位につき30秒かけるくらいです。

忘れちゃいけない!栄養補給

栄養補給、忘れてませんか?運動中も、運動後も必要な栄養を取らないとケガをしてしまいます。

筋肉の成長も止まってしまうので、練習をした日にはしっかり栄養素を取りましょう。

運動後30分以内に補給するのが一番効果的ですが、そこまではできないという方も多いと思うので、晩ごはんには栄養たっぷりの食事を用意してみるといいですよ!

やはり無理をしないことが大事

結局これです。少しでも体のどこかがおかしいと思った時には休むのも練習の内です。

記録会が迫っていて少しでも練習したいと思う気持ちもわかりますが、案外休んで吹っ切れた方がいいタイムが出ることもあります。

まとめ

どうでしたか?みなさんもケガには気を付けて長く長く走ってくださいね!