腰高のフォームって?腰が落ちてしまうとランニングエコノミーにも影響が!

4月 26, 2019

どうも、かわたいらです。

走っているときの腰の位置って気にしたことありますか?

陸上経験がない方はもしかしたら気にしたことがないかもしれません。

実は腰の位置によってランニングの疲れ方がかなり違ってくるんです!フルマラソンくらい長い距離を走るならなおさらに。

今回はそんな腰高のフォームに関するお話。

なぜ腰が落ちてしまうのか

「腰が落ちているぞ!」

陸上競技をやっていた人には身に覚えのあるフレーズではないでしょうか?

僕も疲れてフォームが崩れているときにコーチや監督に言われていました。

では、なぜ腰が落ちてしまうのでしょうか?

それは……

体の真下の着地できていないから!

すごく実は単純な話なのです。

少し考えてみましょう。例えば、足の長さが同じであるとすれば、足の着地点が体の真下から前後した場合地面から腰までの高さは低くなりますよね。

体の真下に足をついた時が、地面から腰までの高さの最大値になります。

つまり腰が落ちているということは、ひざが着地するときに曲がって地面からの高さが取れていないわけではなく、着地点が体の真下からずれてしまっていると示唆されていたんですね。

腰が落ちるのは悪いことなのか

フォアフット走法の記事を読んでくれた方ならわかると思います。

読んでない方はこちら。

大迫傑選手も取り入れている!フォアフット走法とは?

腰が落ちる、つまり着地点が体の前後にずれているということは正しいフォアフット走法ではなくなっているということになります。

体の前にずれているのであれば、ヒールフット走法に。

体の後ろにずれているのであれば、フォアフット走法ではありますが体勢が悪く、うまくスピードを出すことができないフォームになっているのです。

このことだけでも、腰が落ちていることはフォームの乱れであり悪いことだと言えますね。

ランニングエコノミーにもよくないです。

ランニングエコノミーに関してはこちら。

ランニングエコノミーとは?フルマラソンで最後までペースを落とさず走りきる方法を教えます!

あと、これも結構重要腰高のフォームはかっこいいです(笑)

どうせ走るならかっこよく走りたいですよね!

かっこいい腰高フォームはどうすれば得られる?

上で言った通り、体の真下に足をつくのを繰り返していけば腰高のフォームは維持できます。

しかし、気を付けることがあります。

あまりに腰高のフォームを意識するあまり、着地するときにひざがピンと伸び、スムーズな足運びができなくなってしまう人がいます。

意識すべきことは、体の真下に着地することだけ、つまりフォアフット走法に気をつけていれば自然と腰高のフォームになっていきますよ!

まとめ

どうでしたか?

結局今回もランニングエコノミーにつながってしまいましたね(笑)

フォームが崩れるとその分どこかに無駄な力が入り、省エネな走りができなくなってしまいます。

42.195 kmの最後の最後までフォームを維持できるようにトレーニングを頑張りましょう!