マラソンに筋トレは不要?ランニングに与える効果とは!

5月 3, 2019

どうも、かわたいらです。

ランナーのみなさん、筋トレはしていますか?

マラソンのような長距離走に筋トレは必要なのか気になりますよね。

まあ気になる方はだいたい筋トレが好きじゃなくて、マラソンには筋トレは不要だと願ってこのページを訪れたと思われますが……(笑)

そんなわけで、今回はマラソンに筋トレは不要なのか?というお話。

基本的には不要である!

おめでとうございます!マラソンなどの長距離走に筋トレは(基本的には)不要です!

では、基本的には、に当てはまる人とはどんな人なのでしょうか?

それは、

  • 走っている際に体幹がぶれない人
  • 大臀筋、ハムストリングスなど体の裏にある筋肉が発達している人(ふくらはぎは発達していない方が望ましい)

に当てはまる人です。

ガッカリされた方はごめんなさい。

筋肉自体はマラソンにも必要なのです。

ひょろひょろの人より程よく筋肉がついている人の方が明らかに速そうですもんね。

では、筋肉はどれくらいあればいいのでしょうか?

あればあるほどいいわけではない

これがやっかいなんですよね。

フルマラソンであれば42.195 kmもの距離を移動することになります。

筋肉が増えれば増えるほどパワーは増すのですが体重が邪魔をしスピードが出しづらくなり、また燃費が悪くランニングエコノミーが低下しますよね。

ランニングエコノミーのお話はこちら。

ランニングエコノミーとは?フルマラソンで最後までペースを落とさず走りきる方法を教えます!

長い距離を走るためには必要以上の筋肉をつけることはデメリットなんです。

ボディービルダーのような体はかっこいいですが、およそマラソン向けではありませんよね。

逆にひょろひょろの体ならマラソンに向いているのかと言われると、それも違います。

確かに体重は軽くなり燃費は良くなりますが、如何せんスピードに力が回らない。困ったものです。

結局大事なのは程よく筋肉を発達させたボディーなんです。中庸ってやつですね。

ところで……

ドラゴンボールを知っている方なら分かると思いますが、人造人間編で未来トランクスの

僕は父さんを超えてしまったんです

というセリフがありましたね。いわゆるムキンクスです。

彼のパワーは上がりましたが、スピードが殺されてしまいました。

悟空もパワーとスピードを兼ね備えたスーパーサイヤ人2が最強だと結論づけてしましたね。

マラソンでも一緒です。スーパーサイヤ人2になるべきです。

ひょろひょろ側の話はありませんが、修行前のスーパーサイヤ人の状態だと思っててください。

話が長くなりましたが、着ている服がパツパツにならない程度の筋肉を付けましょう!

必要な部位を限定してトレーニングをすると体のバランスが崩れてしまい、フォームにも支障が出るので全体的に鍛えるべきです。

各部位の筋トレの方法はいずれ記事にまとめますね!

まとめ

どうでしたか?

やはりマラソンのような長距離走にも筋肉は必要であることがわかりましたね。

ここだけ鍛えれば速くなる!というものはないので日々の努力が大切です。

みなさんも一緒にスーパーサイヤ人2になりましょう!

マラソンに筋トレは不要なのか?というお話でした。