ストライド走法とピッチ走法どちらがいいの?ランナーの疑問にお答えします!

4月 26, 2019

どうも、かわたいらです。

ストライド走法」と「ピッチ走法

少し走り方を調べた方は見たことがあると思います。

僕も高校時代、速くなりたくて走り方を調べた時によく目にしました。僕が調べたサイトにはだいたい、

「パワーがある人はストライド走法がいい」

「体が軽い人はピッチ走法の方がいい」

などと書かれていました。

パワーがなくて体も軽くない僕はどっちがいいんだ!!!

……そうなんです。僕はどちらにも当てはまっていなくて途方にくれました。

結局いろいろ試して自分に合う走り方にたどり着いたのですが、かなり時間がかかってしまいました。 ( ;∀;)

そこで今回は、僕と同じ悩みを抱えているランナーのために誰でも当てはまる走り方を紹介していきます!

そもそもストライド走法とピッチ走法ってなに?

いきなりこっちがいいと言われても困る方もいると思うので、先にストライド走法と、ピッチ走法について説明したいと思います。

ストライド走法

まずストライド走法とは、「一歩を大きく取り距離を稼ぐ走り方」です。

つまり、大股歩きの走る版です。

このストライド走法のメリット、デメリットは何でしょうか?

メリット

  • 一歩が大きいので足を速く回せなくても距離を稼げる

デメリット

  • 脚の回転数(ピッチ)が落ちる
  • 体幹が鍛えられていないと、フォームが崩れる
  • 着地点が体の前に出やすく、ヒールフット走法になり怪我につながる

正直初心者にはストライド走法はデメリットが多く難しいと思います。

それではピッチ走法とは、どのような走り方なのでしょうか。

ピッチ走法

ピッチ走法とは、ストライド走法とは逆に「脚の回転数(ピッチ)を上げて距離を稼ぐ走り方」です。

こちらは、スタスタ歩く早歩きのイメージですね。

ピッチ走法のメリット、デメリットも説明していきますね。

メリット

  • 歩幅が狭いため着地点が体の真下に来やすく、フォアフット走法を維持しやすい
  • 体幹の筋肉がまだ十分でないうちからフォームを安定させやすい

デメリット

  • 回転数(ピッチ)を気にするあまり歩幅が狭くなる
  • 一歩の距離が短いので、疲れて足が回らないとスピードの低下を感じやすい

ピッチ走法は比較的簡単に始めやすい走り方なので初心者にはおすすめですね!フォアフット走法も身につけやすいです。

先ほど出てきた「ヒールフット走法」と「フォアフット走法」はこちらの記事から。

大迫傑選手も取り入れている!フォアフット走法とは?

さて、ストライド走法とピッチ走法がどんなものか分かったところで、どちらがいいのか発表したいと思います!

結局どっちがいいの?

僕がたどり着いた答えは……

ピッチ走法から始めて、回転数を維持しつつ歩幅を広げる!!

です。

結局どちらがいいというわけではなく、「ストライドもピッチもどちらもあげればいいじゃない!」というわがままな発想が一番だと気づきました(笑)

実際マラソン大国のケニアの選手は、ものすごく広いストライドで脚の回転がめちゃくちゃ速いです。大会映像を見るとよくわかります。

話は逸れましたが、注意点があります。

必ずピッチ走法から始めて!

「どっちも極めるならストライド走法からでもいいんじゃない?」と思うかもしれませんが、上で言ったようにストライド走法は体がマラソン用に作り上げていない場合、フォームが崩れます。

フォアフット走法を身につけている途中であればなおさらなので、ここだけは守ってくださいね。

まとめ

どうでしたか?

結局わがままな結論になってしまいましたが、スポーツに関しては結構欲張りも大切です。

みなさんもケニア人選手のような大きなストライドと回転数を手に入れてみてください!